自分なりに続けられそうな値段のイプサショップ

従来、スキンの退廃が気になり取り掛かり考えたところ、自分のスキン時点をちゃんと分かることが大事なのではと憧れスキン診療をきちんと受けられるコスメメーカーを探しました。色々ある内、自分なりに続けられそうな値段のイプサショップを選び、お店に足を運びました。

なのでいよいよ受けた診療は湿気嵩も100のうち15、皮脂嵩も20という悲惨な時点でした。弾力や張りの枚数も少なく、エイジングケアが要求と言われました。求められたのがイプサのメタボライザーでスーペリアe3スタイルでした。試用を2日光パイもらい、使った辺り甚だしくテクスチャはいいけれど目のあたりだけがヒリヒリとしてしまいもう一度お店へ行きました。スーペリアe3スタイルはスピリッツが塞がり、花粉症などもあり目のあたりを擦る癖がある身には励みがあったみたいでした。

スピリッツフリーのナーバス2タイプを扱うこととなり、口コミもすばらしく使っていたのですが、断然エイジングケアが気になり3か月経った頃には他のメーカーに目を向けるようになりました。
だが、夏場は良かったのですが秋・冬になると乾燥がひどくなりました。予めイプサの口コミが忘れられず、半年ぶりに再度お店へ。スキン診療を受けた結実、スーペリアe4タイプを勧められました。以前は知らなかったのですが、スピリッツが微量で3スタイルよりも励みがないと概要を受けました。

扱う時は重圧しましたが、目のあたりもヒリヒリすることなく扱う事が出来ている。メタボライザーは1ガイド6週で扱うこととなってあり、尽きる場合またスキン診療を受けます。1ガイド無くなる頃には自分でも極めるほどスキンがふっくらとやるのを感じていました。湿気嵩も100のうち57、皮脂嵩も63といった理想的なスキンの枚数と言われて満足しています。最初は結果が思うように出ず、一気に他の物を使ってしまいましたが、今使ってみて予め自分のスキンにはイプサのものが合っているなと感じています。自分にぴったりのものを見つけられて必ずや幸せです。ルネスタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です